大内宿 金太郎そば山本屋 通信販売ページヘ
〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大内字山本15
電話: 0241-68-2912 FAX: 0241-68-2190
[営業時間] 9:00~17:00(不定休)  [→メール問い合わせ]

大内宿伝統料理

国内シェア5%以下の国内産『くるみ』

近年スーパーフードとして注目されているくるみの95%は海外からの輸入品で国産のくるみは5%しか流通していません。しかもそのほとんどが外来種からの品種改良された『シナノグルミ』という品種です。

幻の会津産『鬼ぐるみ』

山本屋で使う『鬼ぐるみ』は数少ない国内産のくるみの中でもさらに希少な日本固有の古来種のくるみ。自生している天然くるみを使用しているため、収穫量が安定しない上に、殻が硬く加工に手間がかかるのでほとんど流通されていない幻のくるみです。
会津の『鬼ぐるみ』は江戸時代から会津藩の5大名産として名を連ねてきた会津伝統の味。一般的に使われている洋クルミより苦味が少なく良い香りが特徴です。

鬼ぐるみ

大内宿『晴れの日』の味

ここ大内宿では秋に収穫したくるみをお正月やお祝いの席など特別な『ハレの日』にみんなのご馳走として、おそばやきくらげのくるみ和え、くるみもちなどとして振る舞われてきました。

くるみペースト

くるみそばは会津地方の中でも山深い地だからこそ食べ続けられてきました。会津の『鬼ぐるみ』はえぐみもなくまろやかで豊かな風味を持った最高のご馳走です。洋ぐるみと違い、日本で古来より自生してきた『鬼ぐるみ』は会津の身土不二を語るには欠かせない存在であると言えます。この大内宿で長年に渡り受け継ぎ愛されてきた味をこれからも多くの方に味わっていただきたいと願っています。

くるみそば

晴れの日膳

多くの方々に会津の『鬼ぐるみ』の美味しさを知っていただき、喜んでいただける輪を広げたい!という願いから
山本屋の『晴れの日膳』は誕生しました。
大内宿の数あるお店から山本屋を選んでくださった特別なお客様を一番のご馳走で『晴れ』の笑顔にしたい!!という女将の想いを朱塗りの角盆いっぱいに盛り付けました。

晴れの日膳
Copyright (c) ouchi-yamamotoya.com, All rights reserved.